ナースはどんな人の仕事?

ナース、と呼ばれていた職業が看護師という名称で統一されてから時間がたちました。まだまだ女社会ではあるものの、男性の看護師も珍しくありません。ナースと呼ばれている時代から等しく共通しているのは、仕事内容のハードさです。
時間の融通が利かないのは言うまでもないことで、大きな大学病院などでは大掛かりな手術の必要がある急患患者を看護する必要がありますし、その看護のタイミングには予想が付きません。
求められるのは体力だけじゃなく、勤務には強い忍耐力と精神力が求められます。


ナースは白衣の天使ではない

一昔前なら、ナースは白衣の天使だとどこか神聖なものかのような扱いをされていました。今でもその名残は残っているものの、そういうどこか性差を感じさせるような表現は避けられるようになりました。
そのような目線は適切だと言えないほど仕事内容は過酷なものですし、もっと生々しい仕事も多いです。


患者の相手は精神をすり減らす

患者の要望に応えるのも看護師の仕事です。中には無理難題をぶつけてくる患者もいるでしょうから、しっかり対応しようと思うとどうしても忍耐の必要がある場合があるでしょう。
看護師の仕事には体力と、強い精神力を同時に必要とされます。看護師の転職サイトの活動が活発なのも頷けるのではないでしょうか。
参考:看護roo!(看護ルー)の特徴とは?>>>看護師系求人サイトで人気ナンバーワンの看護roo!の実態に迫る!

意識の高いナースの方へ

現時点の自分に満足していない方も多いでしょう。
もっと自分の実力なら上に行けるはずだ。ここは自分の戦場ではない。そう感じているナースも多いでしょう。そんな意識の高い、向上心の高いナースは、そんな方のために作られた転職サイトを使って自分の働くべき職場を探しましょう。
自分が働いて、自分の力を最大限発揮できる、そして自分の実力をさらに底上げできるところはどこにあるのか。探して、探しましょう。どこかにきっとあるはずです。自分の働くべき運命の職場。
自分がここぞと思うところで経験を積んで自分の理想の看護師になって、周りをあっと言わしてみましょう。


転職サイトを最大限使って自分の未来を掴む

自分の未来のために、転職サイトを最大限使ってより良い未来のために努力を怠らないようにしましょう。転職は自分の人生に大きな影響を当たるもの。
妥協することなく、ここぞと思ったところで働くようにしましょう。自分の力でできるだけたくさんの人の治療を助けたいと思っている人が多いもの。より自分の力を細田玄使えるところを、アドバイザーなどと相談して見つけましょう。


自分本位になりすぎない

転職活動を進めるのは他でもない自分。ですがそこであまり他人の意見、他人の存在を無視しすぎないことが大切です。
自分一人でできることなんてたかが知れています。誰かの力を借りましょう。

ナースになる前の心構えとは

皆さん様々なキッカケで、医療関係の職場を選び、ナースになる道を選んでいます。命を助ける仕事がしたい、大切な人を守れるようになりたいと、志すキッカケは色々あります。しかし医療の現場はそんなに優しいものではありません。体力も大切ですが、それ以上に精神の強さが重要になってくるのです。


亡くなってから出ていく病棟がある

病院にはそれぞれ目的に合った病棟・病室があります。色々な病気で病院に訪れるので、病院の滞在時間も異なります。診察後に薬局に向かう方もいますし、そのまま入院を余儀なくされる方もいます。入院生活も短いものから長いものまで様々ですが、亡くなってから部屋を出る前提の方専用のものもあるのです。手を尽くしてももう治る見込みがない方が入る病棟です。ナースは各病棟に専属として配置されますが、そのように亡くなることがわかっている病棟担当になり、亡くなる前提の患者の方と毎日接するには、相応の覚悟が必要です。


ナースにしか出来ないことがある

亡くなる前提の病棟に入った患者の方は、死が迎えに来る時間までその病室で過ごします。ご家族の方の悲しみと患者の方の苦しみの間で、ナースは双方のケアをすることになります。生前はとても元気だったのに、亡くなって出ていく様を見るのはとても心苦しく、泣けない立場なのに涙をぬぐう看護師も少なくありません。

特別な病棟に配属された際には、酷い状態の患部を見ることもありますし、そのケアとして血と肉を拭うこともあります。ですが、それがナースの仕事です。そして暖かい手で患者の方に触れて不安をなくすことも、ナースにしか出来ない仕事なのです。転職サイトなどで病院勤務を希望している方は、このような現状にもしっかり目を向けて、慈愛と強い精神をもって就活に臨んでください。

働きながら子育てをするナース

ナースとして働く中、母親として子育てについても対応しなければならない方が多くいらっしゃいます。最近は保育園が定員超えで、空きを待たなければならない状況であるため、お子さんを預けて働くことが難しい時代でもあります。


保育室がある病院を選ぶ

お子さんを育てながらナースとして勤務をしたいという方は、やはり保育室のある病院を選ぶのが妥当です。ナースには夜勤もあるため、お子さんのお迎えに行けなくなることも多々あります。しかし病院内に保育室があれば、休憩時間を利用してお子さんと触れ合うことも可能です。保育室には常勤の保育士がいるので、大切なお子さんを安心して預けることが出来ます。


非常勤のナースになる

非常勤であれば、夜勤をせずに自分の都合に合わせた働き方をすることが出来ます。朝お子さんを預けてそのまま病院で勤務し、お子さんをお迎えに行く時間には退社出来るという勤務体系です。しかし非常勤であるが故に収入は一定にならず、ボーナスなどもありません。休みを取りやすい部分は大きいですが、収入の面ではやはり常勤に軍配が上がります。

ナースとして働きながら子育てをしていくことは、とても大変です。それでも人のためになる仕事をしたい、そしてお子さんをしっかり育てていきたいという情熱はとても素晴らしいものです。その気持ちを汲んで働きやすい環境を整えている病院も増えてきています。転職サイトなどで調べて、自分の今を壊さずに働ける場所を探していきましょう。

ナースが働く美容クリニック

美容クリニック、とても綺麗で高級感漂う内装です。インテリアも美しく、女性にとっては美容院と同じくらい憧れる環境かもしれません。転職サイトでも、美容クリニック専門の募集サイトがあるくらい、今とても人気の職場です。


美容クリニックは整形だけが目的ではない

美容クリニックと聞くと、まず整形が浮かびます。しかし、整形以外でも訪れる方は沢山いいます。例えば、ニキビの治療です。皮膚科での治療が長引く場合に、美容クリニックに切り替える方がとても多いのです。自分でケアをしてもどうしても治すことが出来ないので、クリニックに助けを求める方もいます。整形だけでなく、治療院として美容クリニックを利用する方もいるのです。


ナースは悩み相談の相手

二重瞼に憧れたり尖っている顎が気になったり、中には誹謗中傷で心に傷を負ってしまった方もいらっしゃいます。そのような方がクリニックに訪れた際に悩みを打ち明けられる相手がクリニックのナースです。ナースとして同じような悩みを抱えた患者の方々と触れ合うことで、どのような悩みを持つ方がいるのかを知り、支える方法を見つけることが出来ます。

美容クリニックで働いていて何より嬉しいことは、綺麗になった自分の素顔に満足し、笑顔で帰っていく患者の方々を見送ることです。クリニックに来た時は悩みに苦しみ、暗い表情でいた方も、治療をすることで明るい自分を取り戻すことが出来ます。そのような方をサポートする、美容クリニックのナースはとても重要な仕事なのです。

ナースのサポート役 看護助手とは

ナースにも正看護師と准看護師がありますが、その方々をサポートする役割として、看護師助手という方がいます。派遣やアルバイトとしても勤務することが出来るので、フルタイムで勤務が出来ないという方におすすめです。同じ医療スタッフとして、患者の方々の治療をサポートしましょう。


医師やナースの指示で動く

看護助手は未経験者でも働くことが可能なので、身の回りの世話を主に担当します。入浴補助や食事の際のお手伝いなど、病院の中で入院している方が不自由なく生活出来るようにサポートします。基本的には決まった業務を行いますが、医師やナースの指示のもと、治療の際に身体を支えるなどのサポートも行います。


介護士との相違点とは

行っている作業内容については、介護士とあまり関係がありません。しかし介護士は認定試験を受けて介護の知識を専門に持っているため、介助や補助を自主的に行うことが出来ます。看護助手は指示がなければ患者の方の身体に触れることは出来ません。

未経験OKで、転職サイトにも応募資格欄に記載がない場合が多いので、これから医療系の仕事に就きたいと考えている方にはとても手が届きやすい職場です。しかし出来ることがとても限られているので、看護助手としてナースのお手伝いをしながら、看護師や介護師の資格を取得していくことをおすすめします。

夜勤専門のナースになる

転職サイトにもたまに項目として見かけますが、夜勤を専門とするナースの需要が増えています。夜勤専門は時給も高く、稼ぎたいと考えている看護師の方にはうってつけです。そして夜勤であるが故に起きる出来事にいち早く対応し、患者の方を安心させてあげられる存在にもなれます。


若いうちに稼ぐ

夜勤専門のナースは、年齢制限が行われているところがほとんどです。交代制ではありますが、夜間だからこその少ない人数で患者の方々の入院記録作成や緊急時の医療サポートを行う必要が出てきます。勤務時間帯も夕方4時から0時過ぎまでのものや、0時から朝8時までのものなど、夜勤ならではの昼夜逆転生活になります。体力的には若い方の方が圧倒的に有利になる勤務体系となるので、やはり年齢制限はあってしかるべきと言えるでしょう。


夜間だからこその出来事を大切にする

小児病棟に入院していると、目が覚めてしまった時に泣いてしまうお子さんも少なくありません。隣に母親が置いてくれたぬいぐるみを抱きしめても、大部屋では知らない子が沢山いますし、個室では一人ぼっちでとても心細いのです。そこでとても安心出来る存在としてそばにいることが出来るのが、夜勤の看護師です。面会時間内でしか家族に会うことは出来ないので、お子さんにとっては夜に優しく声をかけてくれる看護師が唯一助けを求められる相手なのです。大人でも、入院生活はとても辛く、夜眠れずに起きてしまう方もいます。夜勤専門のナースは、そのような夜間の出来事を専門に対応し、人を安心させることが仕事にもなるのです。

夜勤専門のナースは、夜の病院を守る存在です。自分に合った勤務体系を選ぶことが大切ですが、看護師としての仕事を探している際には、夜勤専門についても少し考えてみて下さい。