ナースはどんな人の仕事?

ナース、と呼ばれていた職業が看護師という名称で統一されてから時間がたちました。まだまだ女社会ではあるものの、男性の看護師も珍しくありません。ナースと呼ばれている時代から等しく共通しているのは、仕事内容のハードさです。
時間の融通が利かないのは言うまでもないことで、大きな大学病院などでは大掛かりな手術の必要がある急患患者を看護する必要がありますし、その看護のタイミングには予想が付きません。
求められるのは体力だけじゃなく、勤務には強い忍耐力と精神力が求められます。


ナースは白衣の天使ではない

一昔前なら、ナースは白衣の天使だとどこか神聖なものかのような扱いをされていました。今でもその名残は残っているものの、そういうどこか性差を感じさせるような表現は避けられるようになりました。
そのような目線は適切だと言えないほど仕事内容は過酷なものですし、もっと生々しい仕事も多いです。


患者の相手は精神をすり減らす

患者の要望に応えるのも看護師の仕事です。中には無理難題をぶつけてくる患者もいるでしょうから、しっかり対応しようと思うとどうしても忍耐の必要がある場合があるでしょう。
看護師の仕事には体力と、強い精神力を同時に必要とされます。看護師の転職サイトの活動が活発なのも頷けるのではないでしょうか。
参考:看護roo!(看護ルー)の特徴とは?>>>看護師系求人サイトで人気ナンバーワンの看護roo!の実態に迫る!