ナースのサポート役 看護助手とは

ナースにも正看護師と准看護師がありますが、その方々をサポートする役割として、看護師助手という方がいます。派遣やアルバイトとしても勤務することが出来るので、フルタイムで勤務が出来ないという方におすすめです。同じ医療スタッフとして、患者の方々の治療をサポートしましょう。


医師やナースの指示で動く

看護助手は未経験者でも働くことが可能なので、身の回りの世話を主に担当します。入浴補助や食事の際のお手伝いなど、病院の中で入院している方が不自由なく生活出来るようにサポートします。基本的には決まった業務を行いますが、医師やナースの指示のもと、治療の際に身体を支えるなどのサポートも行います。


介護士との相違点とは

行っている作業内容については、介護士とあまり関係がありません。しかし介護士は認定試験を受けて介護の知識を専門に持っているため、介助や補助を自主的に行うことが出来ます。看護助手は指示がなければ患者の方の身体に触れることは出来ません。

未経験OKで、転職サイトにも応募資格欄に記載がない場合が多いので、これから医療系の仕事に就きたいと考えている方にはとても手が届きやすい職場です。しかし出来ることがとても限られているので、看護助手としてナースのお手伝いをしながら、看護師や介護師の資格を取得していくことをおすすめします。